BOMで改善!
中小企業の設計効率を上げる業務改革

開催日時  :11月28日(木) 13:30 ~ 17:05(受付開始13:00~)
主催  :エスツーアイ株式会社
協賛  :ダッソー・システムズ株式会社

PLMソリューションセミナー

中小企業の設計業務の課題は多々ありますが、最も多いのは効率的な設計ができていないというものです。部品表(BOM)がないので、流用設計やテンプレート設計等ができず、結果とても効率が悪い、という話はよく耳にします。3D設計が当たり前の時代、中堅・中小企業でも、部品表の導入は急務ではないでしょうか?
今回のセミナーでは、製品開発から生産へとつなぐ「エンジニアリング・チェーン」マネジメント、3DEXPERIENCEプラットフォーム最新導入事例、そして中堅・中小企業でのコストを抑えたPLM導入プロセスのご紹介と、盛り沢山のメニューをご用意いたしました。是非ご来場ください。

日時 2019年11月28日(木) 13:30~17:05(13:00 受付開始)
会場 ミッドランドスクエア 5F ミッドランドホール会議室A  %e5%9b%b32

〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-7-1

TEL:052 – 527 – 8877

http://www.midland-square.com/access/index.html

・JR名古屋駅から徒歩5分

・名鉄名古屋駅、近鉄名古屋駅から徒歩2分

・地下鉄東山線、桜通線名古屋駅から徒歩1分

対象 製造業の経営企画部門、製造管理部門、SCM・ロジスティック部門、及び情報システム部門の責任者や御担当者様
定員 30名

先着順となります。また、競合他社様については、お断りさせて頂く場合がございます。
予めご了承くださいませ。

参加費 無料

<プログラム>

【はじめに】13:30~13:35 (5分)
「開会のご挨拶」
エスツーアイ株式会社 ソリューション推進センター 営業1部 部長 西山 正彦

【基調講演13:35~14:35 (60分)
「BOM/部品表とエンジニアリング・チェーンのマネジメント」

製造業であれば、どんな会社もBOM(部品表)を持っています。しかしBOMをマネジメントしている会社は、少ないのが現実です。またその方法論も量産型と個別受注型ではかなり違います。本講演では、製品開発から生産へとつなぐ「エンジニアリング・チェーン」を中心に、その特性とあるべき手法を、皆さんと一緒に考えたいと思います。
【講師】 日揮ホールディングス株式会社 チーフ・ストラテジック・アナリスト 佐藤 知一 様 略歴

 休憩 14:35~14:50 (15分)

【セッション1】 14:50~15:50 (60分)
「3DEXPERIENCEプラットフォーム 最新導入事例のご紹介」

SOLIDWORKSデータ管理、CATIA V5データ管理、グローバル協調設計、解析データ&手順管理、工場プロセスミュレーションなど国内、海外の実際のプロジェクトでの導入目的やチャレンジ、検討段階からプロジェクトに至るまでの苦労どころなどをご紹介致します。
講師ダッソー・システムズ株式会社 バリュー・ソリューション事業本部 ディレクター 田野倉 靖 様


 休憩 15:50~16:05 (15分)

セッション216:0516:50 (45)
「 中小企業で出来るPLM導入プロセスのご提案」

大手メーカーを中心にMBD開発が進み、中堅・中小サプライヤーはこれまで以上に3Dデータの活用が促進され、生産準備期間も短くなる傾向にあります。しかし、多くの中堅・中小サプライヤーでは生産管理のシステム化(ERP)に留まり、設計領域のシステム化(PLM)はあまり進んでおりません。このセッションでは、そのような中堅・中小サプライヤーを対象に、中部地区を中心に投資金額を極力抑えた導入プロセスでPLMを導入して参りましたエスツーアイがご提案いたします。
講師 エスツーアイ株式会社 ソリューション推進センター 営業2部 村瀬 太一

【 Q&A/アンケート】 16:50~17:05 (15分)