S2I エスツーアイ株式会社

Building Solutions, Driven by Your Dreams

PLMソリューション

「PLM」とは製品情報を管理するシステム基盤でCADデータなどの技術情報をBOM(部品表)に管理するシステム基盤です。近年は商品が溢れ市場が飽きっぽくなり、新しい製品を次々と市場に投入できるように技術情報・製品情報をこれまでの紙図面やファイルの管理からデータベース管理を行うことで流用設計・テンプレート設計を行って設計の標準化・高速化を行います。

「PLMテンプレート」は図面・技術情報・EBOMといった従来のPDMの管理だけでなく、工程設計に必要な「BOP」、調達計画に必要な「PBOM」、製造に必要な「MBOM」など様々なBOMを育成して「見える化」して全社で評価・共有することでプロジェクトチームを活性化しコンカレントエンジニアリングを促進するPLMソリューションです。
基本機能:ワークフロー・図面文書管理・検索
EBOM:品番・寸法・材料など設計した構成情報を管理。個別にマルチCAD・マルチPDMでデータインポート。PBOM:外製部品の調達先・購入価格など購買情報の決定・管理。WEBポータルで仕入先に図面を一斉送信しリバースオークション。
BOP :内製部品の工場、ライン、金型調達先の決定・管理。フローチャートで直感的な工程計画。
MBOM:PBOM、BOPにファントム品を定義してMBOM作成しERP連携。設変、打切時は全社に通知。
見積BOM:生準BOMを自由に編集してコストテーブルの情報からコストシミュレーション、中長期フォーキャスト管理。開発期間に見積を繰り返し全社のVAVE活動の促進し原価企画活動の見える化を促進。
環境BOM:製品の環境負荷物質の含有量を管理して年2回更新されるREACH/RoHSなどの規制判定管理。仕入先から来るIMDS/AISなどの報告フォーマットへの自動変換。
目次BOM:モジュール化された製品のバリエーションの管理。マスカスタマイゼーション=低コスト多品種多量生産をBOMで実現。
営業プロセス(SFA):顧客情報・案件情報・受注角度を管理し全社に見える化。
開発プロジェクト(WBS):製品開発計画を立案し進捗の遅れを管理。開発工数計画と実績を管理・分析。

「原価企画テンプレート」では、見積もり作業を一元管理してEBOM、購買、工程、仕向地を登録することでコストテーブルから製造コストを算出でき、全社に展開することでVAVE活動を行ないます。

特徴1 スピーディーな原価把握
特徴2 コスト意識改革
特徴3 コスト分析・予測
特徴4 適正な原価把握

エスツーアイでは、現在のENOVIAの基盤となるMatrixOneの時代から国内代理店として数々の導入実績があり、EBOMを中心としてENOVIAの基本機能のみならずお客様の個別業務に適合したカスタマイズを実現します。